2018年 09月 18日

個展『KOBEYA CIRCUS』終了

e0165106_11352493.jpg


個展『KOBEYA CIRCUS』終了いたしました。

来てくださる方が本当にいるのだろうか?という不安でいっぱいだった初めての個展も、
多くの方に足をお運びいただき、ただただ感激と感謝しかございません。
どうもありがとうございました。

私の2018年の夏はハンズとオカダヤと世界堂でしたが、工作好きの子供の頃からしたら夢のような時間だったと言えます。

最終日残り数時間の在廊中も、たくさんのお客様にお会いすることができました。
中には本物のサーカスのブランコ乗りのお姉さんまでいらしてなんとも奇跡的。

ラストは知ったお顔がそろい、みんなにさんざんチヤホヤしていただき、
大の苦手だけど受け入れるサイズの店主の粋なサプライズとで、幸せいっぱいに私のサーカスは幕をおろしました。
「よかったね」と自分が作ったものたちに心のなかで言いました。
終わってしまった寂しさがありますが、まだ大丈夫です。

足をお運びいただいた皆様、どうもありがとうございました。
残してくださったメッセージ、大事に読ませていただいております。
なかなか開かない頑な扉をほどよい加減でたたき続けてくれた、夜長堂店主タツコさん、どうもありがとう。
スタッフの川村さんもありがとう。
私の重すぎる腰、慎重すぎる一歩を長く長ーく見守ってくれたの友人知人の皆様にも感謝です。
売れるかどうかひとまず横に置いといて、、やりたいことをやりたいようにやる、
は本当に勇気がいることでしたが、やってみてよかった、という想いしかないです。
ここから、いい感じにすすんでいけるような気がしております。
どうもありがとうございました!


夜長堂店主が泣かせるロングな感想をかいてくださって、まいった。。。
彼女はわたしのひとつ上なだけなのですが、びっくりするほど頼もしい。
初個展を前にびびりきっていた私に、先に小部屋で個展を経験している作家さんたちがいってくれたのは、
「タツコさんがいるから大丈夫。小部屋に身を委ねて楽しんで」ということでした。

本当にそうでした。

以下コピペです↓

最終日、キョーコちゃんが東京から駆けつけてくれたおかげでたくさんのお客さまがずっとひっきりなしに訪ねて来て下さって本当にハッピーな空気に包まれたステキな展示でした。
皆さん意外だと思われますが彼女にとって人生初の個展ということでいつもと少し違う緊張感を感じつつも、最後はそれすらたっぷり堪能してくれていたような気がします。
作品は自分の内面をさらけ出す作業に似ているので、ちいさな空間だろうが、おおきな空間だろうが覚悟を持って挑まないといろいろなことが見る人に見透かされてしまいます。だからこそ、終えた後今まで知らなかった自分自身のいろいろが見えてきます。
今回の展示を通じて改めて彼女の作品の丁寧さや美しさ、ユーモアやサービス精神、そしてちょっぴり臆病で心配性、だけどやる時はやりますよ!という頼り甲斐あるとこなど、いろいろな魅力を再確認しました。
展示をお願いした作家さんでありながら、どこか子どもの頃、日が暮れているのに家に帰る時間を思わず忘れるくらい一緒に人形遊びに没頭した幼馴染のような親しみも今回勝手に感じました。
・ ・
あの子どもの頃には鮮明に見えていた空想の世界がいつのまにか薄らいでクリアに見えづらくなってきましたが、彼女の目にはその世界が今も鮮やかに目に浮かび、現実の世界にまでひっぱり出しちゃう力があります。
またきっと巡業の途中で夜長堂の小部屋を思い出し、訪れてくれるであろうKOBEYA CIRCUS。
是非、また再演の日まで皆さまも頭の片隅にこのハッピーな景色を覚えていてくださいね🎪✨
e0165106_11480104.jpg


by naka_kyo | 2018-09-18 11:48 | イベント・出店 | Comments(0)


<< もみじ市2018      個展も残すところあと2日 >>