カテゴリ:作品・制作( 450 )


2017年 09月 23日

『ROUND』だから

『ROUND』だから、
丸・輪・水玉・球をいつも以上に多用、多めに登場する予定です。


e0165106_16435567.jpg

[PR]

by naka_kyo | 2017-09-23 16:45 | 作品・制作 | Comments(0)
2017年 08月 03日

布博、ウェルカムアイコン

この夏の布博のウェルカムアイコンはガーランドでした。
私の得意とするところだと静かに思いつつも、
布を作っているわけではない刺繍組は頭を悩ますところ。。。
でもこれまで通りのガーランドをベースに、手を動かしはじめたらさほど悩まず。
余計なことも思いつき、楽しく制作しました。

こないだ作ったお花紙の花輪の影響もあり、みっちりみちみちのガーランドになりました。
着手したときは「すっきりとさせること」を一応頭においていたのですけど。。。
こういう工作要素が強いのは大得意だから、手がもうノリノリです。


関係者より「やりすぎ。笑」との声をまあまあいただき、ちょっとハズカシかった。
がっかりさせたくないという思いが無意識にスパークした感がありました。わはは。
しかし、似た人がもう一人。向かいで出店されていたokada marikoさん。
刺繍で埋め尽くされた美しい羽根をガーランドにしていました。すばらしく手がこんでいます。
さすがアーティストだなーと思いました。

まあ、私は素直に楽しんだ結果です。
たぶんokadaさんも。笑

e0165106_14482683.jpg
e0165106_14483667.jpg
e0165106_14480394.jpg
余計な思いつきは、このナマケモノをぶら下げることでした。

e0165106_15474846.jpg
これまでのウェルカムアイコン。
2016春のランプ、夏の刺繍枠、2017春のサカナ。






[PR]

by naka_kyo | 2017-08-03 15:51 | 作品・制作 | Comments(0)
2017年 07月 23日

祝パンダ誕生

静かに上野の赤ちゃんパンダの成長をつたえる動画を追っています。
苦しくなるほどかわいい、、、

以前にも書いたことがあったと思いますが、
パンダのブローチは企画展に出した一匹限りで終了するだろうなと思っていました。
パンダ好きにもあんまり好かれなさそうだなーと思ったのと、
作るのがなかなか大変だと思ったからです。笹とか、、、

しかしながらその展示の一匹を目指してくれた方が何名かいらしたことを知ったり、
東京駅のSHARED TOKYOさんでの動物ブローチの取り扱いがはじまり、
「東京といえばの動物と言えばやっぱりパンダだよね」となり、
その後、安曇野ちひろ美術館での『窓際のトットちゃん展』にあわせての納品があり、
当然「徹子さんといえばパンダ!」となり。

1匹で終了するかと思っていたのに、
作る機会に恵まれてゆるゆると継続モチーフになっています。
そして、今回の上野動物園での赤ちゃんパンダの誕生というハッピーなニュース。


便乗するみたいですけど、
便乗できるような愛らしさは私のパンダには全くないことはわかっていますので
ただただお祝いの気持ちで布博に連れて行くことにします。



e0165106_03175149.jpg




[PR]

by naka_kyo | 2017-07-23 09:01 | 作品・制作 | Comments(0)
2017年 07月 23日

整形中

e0165106_03175785.jpg

[PR]

by naka_kyo | 2017-07-23 08:48 | 作品・制作 | Comments(0)
2017年 07月 23日

看板娘、ウェルカムドール

看板娘のつもりでおいているお人形。
京都の布博のとき、滞在先のホテルにて前夜につくった春服も夏仕様に変更です。
緑からブルーへ。
布巻くだけですけどね。


こういう売り物ではない制作は、良い気分転換になります。


e0165106_03181178.jpg
e0165106_03173961.jpg


[PR]

by naka_kyo | 2017-07-23 04:00 | 作品・制作 | Comments(0)
2017年 07月 20日

絶賛、追込み中

blogの滞りは追込みの証拠。。。
だいぶまえからずっと追込み中ですが、
いよいよ来週末とせまりましたので毎日ひたすら縫っております。
まだまだやることは山ほどあるものの、
ブローチだけはゴールが見えています。ピン付けも後少しでおわる!
しかしながら台紙はギリギリの予感です。
今回はモグラ、キウイ、クジラ等新メンバーがいるので、
それらは判子を彫るところからやらねばです。

いそげ〜
e0165106_03180349.jpg


[PR]

by naka_kyo | 2017-07-20 03:17 | 作品・制作 | Comments(0)
2017年 07月 08日

渋クジラ

エアコン付けずにすごしていた夏よさようなら。
仕事がはかどらないので早々のレーボーライフ。
毎日ひたすら縫っています。

夏が似合う海や水辺のイキモノを多めに作っています。
新しくクジラが仲間入りです。
本体に施してある刺繍は少ないけれど、
アウトラインが長いのでまつり縫いが全然終わらない手強いモチーフでした。

改めていっておきますと、
アウトラインのまつり縫いはミシンだと思れがちなのですが、
柿渋ブローチはすべて手縫いで、周りの縫いもすべて手なのです。


クジラも下絵はできてて数年放置していたイキモノのひとつ。
ようやくで、布博に持って行くことが出来ます。

「クジラはありませんか?」のお客様。
今年はクジラあります。
クジラいます!

e0165106_16544085.jpg





[PR]

by naka_kyo | 2017-07-08 16:56 | 作品・制作 | Comments(0)
2017年 06月 26日

渋キウイ

ヒヨコのブローチがちゃんとヒヨコと思ってもらえることがほとんどない。
たいていウズラかキウイと言われる、ということは以前にも書いた通り。

新たにキウイ、作りました。
これでヒヨコをキウイとは言わせないんだからっ!
でもウズラと言われる可能性を100%にしてしまったなと思う。

ヒヨコとキウイは比べてみれば大きさも全然違います。

夏の布博にて並べる予定ですので、ぜひご覧下さい○


e0165106_21020885.jpg
e0165106_21012951.jpg
e0165106_21012549.jpg





[PR]

by naka_kyo | 2017-06-26 01:24 | 作品・制作 | Comments(0)
2017年 06月 13日

渋モグラ

「飼い猫がくわえてきたモグラが
そのままブローチになりそうな大きさなので参考資料になれば」と
友人がモグラの画像を送ってくれました。

これまでもなんとなく作ろうと思っていた動物のひとつでしたが、
良いタイミング来たりと思い作りました。
毎度のごとく資料集めをしましたが、ほんとに目がちっこい。
「スゴく小さいんですよ!」と聞いてはいたけど、どれもこれもほんとに「・」って感じ。
ブローチはそこまで小さくしなかったけれど、
いつもよりは小さめを意識しています。

モグラなんて生まれてこのかた生で見たのは一度きり。
校舎の片隅にいたのを見たのが最初で最後。
死んでしまってはいたけれど、すごくかわいい!と思った印象のママ今に至ります。
ゆえにおそらく普通に見かけたらウサギやリスのような小動物と同じく、
きゃーかわいい!となると思っているのですが、
そうではない人もいると知りびっくりです。
モグラが玄関先で死んでいて家を出られなかったなんて話を聞きました(大人)。笑

そのイキモノとの距離感でカワイイと思うか気持ち悪いと思うかが変わります。
例えばコウモリ。私のところではけっこう人気のあるモチーフです。
私は全く接することがないので、ブタ鼻だし顔もかわいい〜と思っているけど、
ガレージにしょっちゅう入ってくるというお客さんは「うわ!気持ち悪いっ」と身震いされました。

モグラはどうかな。反応が楽しみです。

e0165106_19541955.jpg
e0165106_19541542.jpg
e0165106_19542477.jpg






[PR]

by naka_kyo | 2017-06-13 20:12 | 作品・制作 | Comments(2)
2017年 06月 12日

おはながみ

ノッポさんの工作力とマーサスチュアートのデコり力と。
自由制作のときに大いにチカラを発揮し、
すこしずつでも身につけてきていることを実感します。

おはながみの存在は今回の贈りたい人がきっかけで、
大人になってから再び身近な存在に。
今回はお返しのつもりのような工作。おはながみ返し。笑

おはながみは私が子供の頃よりも色のバリエが増えたようなきがするし、
色の組み合わせで大人っぽくもなる気がしました。


自己満足たっぷりの工作にいろんな想いをのせて。


あ〜もー楽しかった!
e0165106_11351840.jpg
e0165106_11352316.jpg
e0165106_11352590.jpg
自分でも巻いとく。





[PR]

by naka_kyo | 2017-06-12 10:50 | 作品・制作 | Comments(0)