2009年 03月 29日

もうひとつのabc

e0165106_8523369.jpg


書店abcへと行って参りました。
abcといえば<青山ブックセンター>ですが、
今回行ったのは神保町にあるクラフト、アート専門の書店、
<art-bookshop&cafe>です。
ずっとずっと行ってみたかった本屋さんです。

感想。
ここはちょっと覚悟をしていかないと、クラフト好きは酔います。
私は沸騰しつづけ、興奮でめまいすら覚えました。
昔の古ーい本も扱っており、
ちょっと微妙な人形や工作の本を見てると、
過ぎる時間の早いことよ…!!
いろいろちょっとずつ手を出したくなってしまうので、
今回は新たなるバイブルを手に入れることは我慢。
店内でかなり楽しませてもらいました!

そして、お店の一角のちいさなギャラリースペースでは、
「青森の手仕事展ーこぎん刺し・裂織ー」が開催中でした。
あ、青森!
友人が突然青森に引っ越すことになった翌日だったので、
むやみやたらと縁を感じ、青森がさらにアツくなりました。
キテマス、青森!

前からかわいいなーとおもっていたこぎん刺し。
しかし、そもそもカワイイ美しいからうまれたわけじゃないらしい。
「ー麻布の粗い目を糸で埋めることより、布地を厚くし、
防寒のためにと生み出されたー」のがこぎん刺しなのだそうだ(DMより拝借)
なるほどねー。
北国でくらしてゆく工夫の中から生まれた手技の美しさに改めて感動。
そして飾られていたこぎん刺しのくるみボタンを
またまたかなりの長い時間ぼんやり眺める…。
使い古した布を引き裂いておってゆくという裂織も美しかった!
展示されていた白い生地をつかったこぶりのバッグがとてもかわいくて、
誘惑に打ち勝つのはかなりの苦しみでした。
かわいかったなーほしかったなー。欲しいなー。


思いがけず出会った「青森の手仕事展ーこぎん刺し・裂織ー」
<art-bookshop&cafe>にて4月7日までの開催です。
お近くに行かれた際はぜひうっとりしてください。
[PR]

by naka_kyo | 2009-03-29 08:54 | 散歩 | Comments(0)


<< 出番です      憧れの鍋 >>