2011年 08月 08日

魚のしっぽ

e0165106_12171257.jpg

裏紙は山ほどあるのに、
なぜか一枚の紙をずっと使っていることがある。
みっちみちに。
ハンコの試し押しに、図案のスケッチ、
色の確認に、なんかのコピーの下書きや、
気になるキーワードのメモなど。
捨てたいのに、ささやかな大事やひらめきが隠れてたりして、
捨てられなかったりする。

捨ててもいいかと手にしたこの紙は、
魚のポストカードを押してたときに、
はみ出した部分の尾っぽの色味がかわいくて、
「この色でつくってみよう」というヒントになり、
やっぱり捨てられなくなった。
その余白部分には、友人の誕生日工作のアイデアを書き始める始末。

こうやって捨てられない紙、1枚や2枚じゃないないんだよな。


手作り市の翌日は全身が筋肉痛で使い物にならず。
昨日は水分の過剰摂取でよりいっそうダルい。
あたらしい1週間のはじまりの今日は、
やるべきことのリストアップからスタート。
[PR]

by naka_kyo | 2011-08-08 12:23 | つれづれ | Comments(0)


<< なんでも持っていますね      青空個展、終わりました。 >>