2010年 08月 22日

念願の月兎ポット

e0165106_23282832.jpg


一人暮らしをしたら欲しかったもの、
ルクルーゼの鍋、
ヘリオスの猫魔法瓶、
そして月兎印のポット。

最初の2つは早々に手に入れましたが、
月兎はなかなか手に入れられず。
色を悩んでいたのと、お湯が沸いたらピーッとなる
実家からのやかんがあったから。

コーヒーを入れるときに、
やっぱりクチが細いのがあるといいなと改めて思っていた今日この頃。

思いがけずの月兎。
シモキタのアンティークショップの店先にて発見。
しかも未使用品。
ラベルには営業用って書いてあるからサンプル品でしょうか。
シルエットが現行のものとちょっとちがって、
ちょこっとくびれがあります。
これは昭和40年くらいのものらしく、
そのお店でおくものとしてはあんまり古い扱いにはならないとか。
それゆえお値段、かなり安かったのです。
おじさん、ありがとう!
この、シモキタっぽい出会い(発掘)がまたうれしい。

e0165106_23322932.jpg

       レトロなシール。


物欲を刺激するものとの出会いがつづく今日この頃。。。
お金のないときになぜゆえ!?
宇宙からのテスト??
だとしたら、ことごとく負けてる気がする。
[PR]

by naka_kyo | 2010-08-22 23:40 | モノ | Comments(2)
Commented by wato at 2010-08-25 12:15 x
ぎゃ〜!
バニャかわいい!!!
いいなあいいなあ〜〜〜♪
Commented by naka_kyo at 2010-08-26 08:35
マカシ〜♪
チャンティーック 
しかし!
サククラタぁ〜〜〜


<< 沐浴      昇る太陽沈む太陽 >>